WOODWISEー「木だったらいいな」をカタチにー

花壇盛土枠

  • 藤棚の盛土の枠材に製材されたままの状態のアコヤの板が使われています。施工後2年が経ち板の表面は明るいグレー色になり、藻の付着なども少し見うけられ、すっかり周囲の景観にとけこんでいます。

    板の片面のみが土に触れるという木材にとって非常に過酷な使用条件です。アコヤはこのような条件下でも、経年変化により板の表面の色は変わることはあっても、朽ちる気配はいっこうに無く大きな割れや捻じれや幅反りもありません。

  •  物件: 藤棚

     住所: 京都府宇治市

アコヤギャラリーはこちらからご覧ください