WOODWISEー「木だったらいいな」をカタチにー

フローリング

飽きが来ない
天然木の味わい

フローリングは家を建ててから、長い時間付き合っていくもの。
簡単には取り替えることが出来ない、ずっと生活に寄り添っていくもの。
板によって木目や色合いが微妙に違う天然木なら、飽きることなく暮らしていけるでしょう。

フローリングとは

”フローリング„と言われてどのような物を思い浮かべますか?
木目調のシートフローリング、表層のみに無垢材を使用したフローリング・・・
弊社では”無垢„に拘り、純粋な無垢フローリングを取り扱っています。

樹種について

様々な樹種を取り揃えており、使用するシーンによって使い分けが可能です。

  • ウォルナット

    クルミ科の広葉樹。チーク、マホガニーと共に世界三大銘木として人気がある樹種。波杢や縮み杢といった装飾的な美しい木目が含まれる。

  • ホワイトオーク

    ブナ科の広葉樹。日本のナラに近い雰囲気を持ち、木目ははっきりとしていて、装飾的なシルバーグレイン(虎斑)が現れる。

  • チェリー

    バラ科の広葉樹。明るい琥珀色の表面は経年変化により色合いが深まり、艶も出る。時を経るごとに美しさを増していく。

  • ハードメイプル

    カエデ科の広葉樹。明るい色合いの中に、優しい木目と独特な鳥目杢(バーズアイ)があり、自然にコントラストが形成されている。

  • ヒッコリー(塗装品)

    クルミ科の広葉樹。重厚で強度が高い衝撃吸収性に優れている。その硬さを活かし、野球のバットやドラムのスティックにも使われている。

  • アカシア

    マメ科の広葉樹。ウォルナットに似た濃く深みのある色合い。光沢のある縞模様が、独特のニュアンスを醸し出す。

  • ヨーロピアンアッシュ

    モクセイ科の広葉樹。はっきりとした美しい杢目と、独特な竹の子状の杢目を併せ持ち、歳月を重ねる毎に深みが増していく。

  • チェスナット

    ブナ科の広葉樹。耐久性と耐水性が高く、古くから家の土台や屋根材、線路の枕木などに使われ、使用用途は多岐に渡る。

  • マリティムパイン

    マツ科の針葉樹。ナポレオン3世が植林したとされる。ボルドー沿岸部で育つため、粘りと強度があり、通称ボルドーパインと呼ばれる。

  • アコヤ

    屋外用途で高い耐久性があり白蟻にも強く、寸法安定性も高い。デッキとフローリングに併せて使う事で、一体感のある空間を演出できる。

  • サーモウッド

    原産地フィンランドではサウナの内装として使用されている。サーモウッド特有の色味や節がやわらかな印象を与える。

  • セトラーズブランク
    ミックスハードウッド

    表面を部分的に削ることで現れる木肌と、年月を経て作られるヴィンテージ感の調和が、広葉樹の持つ魅力をさらに引き出す。

  • アメリカンゴシック
    ミックスハードウッド

    古材から得られる良質な材質と、釘の跡やクラックなどが魅力。異なる樹種の組み合わせが織りなす風合いに目を奪われる。

  • アメリカンゴシック
    チェスナット

    少し艶のある落ち着いた色合いと美しい木目は、オイル仕上げをすると色に深みが増し、木目の美しさが一層際立つ。

  • ファウンドリー
    メープル

    工場や倉庫から回収され、もとの建物により表情や寸法が異なる。濃淡のある色合いや、塗装されたラインの跡も魅力的。

  • レールヤード
    パティーナオーク

    厘木として使われていた材木を回収。厘木ならではの釘の跡や金物の錆が人気。丸みを持った表面は柔らかな表情を見せる。

  • ジムフローリング

    体育館から回収されたフローリング。コートラインの跡やスクールカラーのグラフィックがアクセントとなり、軽快な雰囲気に魅せられる。

  • ブラック&タン50/50

    牧場で使用されていたフェンスの表面を一部削ったもの。塗装の残っている部分と新たに現れた木肌のコントラストが美しい。

  • グランマーズアティック
    ミックスソフトウッド

    樹種はミックスだが表面を程よく削り全体の雰囲気に統一感を持たせた。オイル仕上げをすると色調に深みが出て落ち着いた雰囲気になる。

  • トレードウインズ
    パティーナ

    国際海上貨物コンテナの床材を回収。世界中を幾度も航海した証が、力強く個性的で思わず目を引く印象を与える。

フローリングギャラリーはこちらからご覧ください