WOODWISEー「木だったらいいな」をカタチにー

インテリアパネル

日々の変化を楽しむ

人の手が触れるところは艶が生まれます。
太陽の日が当たるところは徐々に色が変わっていきます。
日々変化していくインテリアパネル。その変化を楽しんでください。

インテリアパネルとは

まるで大木から切り出したように見えるこのインテリアパネルは、数枚の無垢板をつなぎ合わせて出来ています。
無垢材だからこそ感じられる温かみのあるパネルです。

樹種について

様々な樹種を取り揃えており、使用するシーンによって使い分けが可能です。

  • タモ

    モクセイ科の広葉樹。色調はナラと似た風合いだが、ナラよりも力強い木目を持ち、塗装しても木目が浮き立ち美しい仕上がりになる。また、空間を引き締めてくれるはっきりとした木目は、家具などに頻繁に使われる人気の高い樹種。

  • パイン

    マツ科の針葉樹。成長が早く加工性も良いため、昔から住宅建材や家具などに使われてきた。自然な雰囲気の大き目の節や独特な木目が特長。広葉樹よりも材質が柔らかいため、手足で触れても肌触りが非常に良く、フローリングとしても重宝されている。

  • ウォルナット

    クルミ科の広葉樹。チーク、マホガニーと共に世界三大銘木として人気がある樹種。波杢や縮み杢といった装飾的な美しい木目が含まれる。重厚な木目と落ち着いた色味、光沢のよさは高級感が漂い、古くから高級家具材として使われている。

  • ホワイトオーク

    ブナ科の広葉樹。強くて耐久性が高いため、ウイスキー樽用材として使われている事でも有名。日本のナラに近い雰囲気を持ち、木目ははっきりとしていて、装飾的なシルバーグレイン(虎斑)が現れる。ウォルナットと同様に人気が高い樹種。

  • チェリー

    バラ科の広葉樹。古くからヨーロッパなどでは高級家具材料として使われている。木肌は細かくやわらかい色合いを持ち、造作材、内装材としても重宝されている。明るい琥珀色の表面は経年変化により色合いが深まり、艶も出る。時を経るごとに美しさを増していく。

  • ハードメイプル

    カエデ科の広葉樹。鳥目杢があるものは、バーズアイメープルと呼ばれ珍重されている。明るい色合いの中に、優しい木目と独特な杢目があり、自然にコントラストが形成されている。重くて硬い木質は、ボーリングのレーンやピンの素材としても有名。

インテリアパネルギャラリーはこちらからご覧ください