WOODWISEー「木だったらいいな」をカタチにー

Stadtcasino Basel 増改築プロジェクト

  • 1876年に建てられたスタッドカジノ・バーゼル コンサートホールの増改築プロジェクト(スイス)。設計はヘルツォーク&ド・ムーロン。

    既存部分の壁面は石造りですが、増築部分は、 既存部分のスタイルを踏襲し、同時に軽量化と サステナブルな資材を使用することが求められました。モックアップを作り、2年間かけ、精密なディテールを実現する寸法安定性能、塗装の性能 などを検証し、最終的にアコヤが採用されました。

    選考過程でアコヤは、高い屋外耐久性能がありながら、 温室効果ガスを削減し、再生可能な材料であることが 高く評価されました。

    アコヤの表面は木目を引き立てる為に浮造りされ、 塗りつぶし塗装で仕上げられています。 最後の写真の左半分が増築部分でアコヤが 貼られています。右半分は既存部分で石造です。 歴史的建築物に、最新の材料が使用された事例の一つです。

    改装された内部は ArchDailyでご覧いただけます

  •  物件: Stadtcasino Basel 増改築プロジェクト

     設計: HERZOG & DE MEURON

     撮影: PIRMING JUNG Schweiz AG

     住所: スイス連邦 バーゼル

アコヤギャラリーはこちらからご覧ください